2006年02月11日

我孫子市民憲章

わたくしたちは、利根川と手賀沼にかこまれ自然と歴史にはぐくまれた我孫子の市民です。
わたくしたちは、田園教育文化都市をめざす市民としての誇りをもち、明日への願いをこめて、ここに市民憲章を定めます。

1、水と緑と土のにおいがいっぱいの 住みよい
 あびこにします

1、心と体をきたえ 生き生きと働き 伸びゆく
 あびこにします

1、老人を大切にし 子どもの夢を育て 幸せな
 あびこにします

1、ふるさとを愛し 文化を高め 豊かな
 あびこにします

1、みんなで話しあい きまりを守り 明るい
 あびこにします


皆様、この市民憲章をご存知でしたか?(広報あびこにも定期的に掲載されていますひらめき
ちなみに、

『手賀沼のほとり 心輝くまち』
        〜人・鳥・文化のハーモニー〜


これは、本市の将来都市像です。

この市民憲章は昭和55年に市制10周年を迎え、昭和56年1月15日に制定されました。これは我孫子市のまちづくりの基本理念であり、市民の方々の我孫子市への愛着やまちづくりへの参加意識を持ってもらうための行動目標といえます。
現在、本市ではまちの憲法ともいえる(と市長は位置づけているー(長音記号2)自治基本条例の策定に取りかかっています。しかし、ちの理は現在あるこの市民憲章をもっと広く市民の方々に意識させることが、まずは大事であると考えますexclamationまた、制定されて四半世紀も経過しているため、現代にふさわしくないと思われる表現等も条文に含まれているので、一部見直すことも必要だと思っています。

ごく一部の市民や職員の方々を巻き込み、福嶋市長自らを委員長とした自治基本条例の策定委員会が立ちあがり、私たちの納めた税金をかけて条例策定へと動いていますがあせあせ(飛び散る汗)趨勢に踊らされるのではなく、現在あるこの我孫子市民憲章をしっかりと活用させることが第一ではないでしょうか。
posted by 我孫子市議会議員 ちの理 at 16:47 | Comment(5) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
市民憲章知らなかったです、、すばらしい憲章だと思います。自治基本条例をつくるらしいとは聞いていましたが、どんなものなのか?この市民憲章を活用させて作って頂きたいものですね、新しい試みが好きな市長のようで、、我孫子の発展を祈ってされてることなら期待したいですね。老人を大切にしこどもの夢を育てるまち!この市民憲章を声を大にして言いたいです。ちのさん教育常任委員会、副になられたのでしたっけ、、?ぜひとも我孫子ももっとこどもの教育方面に力を入れて欲しいと願っております!
Posted by at 2006年02月11日 21:26
↑いつもちのさんの活躍を応援している我孫子っこでした!
Posted by 我孫子っこ at 2006年02月11日 21:29
我孫子っこ さま
 
 このすばらしい市民憲章が、広くは認知されていないようにちの理は感じていました。そのような中、新たに自治基本条例を策定したとしても、果たして永きに渡り活用されるのでしょうか。根本から疑問を持っている議員や職員は多いようです。

 昨年の12月議会において常任委員会の改編が行われ、教育福祉常任委員会 副委員長を拝命しました。大任の重責を感じていますが、諸先輩議員のご配慮に大変感謝するとともに、自分の生涯をかけ、子どもたちの確かな未来のために働いていきたい、と改めて決意しました。
 
 また何かございましたら、ご連絡ください。コメントありがとうございました。
Posted by ちの理 at 2006年02月12日 08:36
「老人を大切にし」、となっていますがいったい、いくつから老人となるのか、歳といっても若者顔負けのお元気でいきいきとされてる高齢者の方も大勢いらっしゃいますが・・それに、高齢者の方々は自分が老人と呼ばれるのはお嫌ではないかとも思います。いっそ高齢者とかいう表現のほうが適切ではないかと思いました。又、身体の不自由な方を大切にという意味合いも含まれていればいいのにとも思いました。
Posted by 12国記 at 2006年02月13日 14:45
12国記 さま

 老人福祉法によって65歳以上の方を「老人」として規定されていますが、年齢の枠だけにとらわれるのではなく、一人ひとりの状態をきめ細かく把握し、健康保持や生活安定のため必要な措置を講じるべきだと考えます。
 年齢や性別などを特化することなく、12国記さまがおっしゃるように人を思いやる心を育てることが大切です。また、感覚的なことではありますが、ちの理も老人という表現はあまり馴染まないと思っています。
 コメントありがとうございました。
Posted by ちの理 at 2006年02月13日 18:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。