2009年06月25日

委員長報告

昨日、6月議会が閉会されました。

一応、一段落したので、昨日の午前中から、議会報告を兼ねご挨拶まわりをさせていただいていますが、議案3号(農用地等の保全活用条例)の採決結果、養豚場建設問題、水道料金値下げの件等を、挨拶に廻った住民の方々は気にされているようでした。(国の政局に関する話がやっぱり一番興味あるようでしたが…)
長時間に及んだ常任委員会の審議経過を耳にしていたらしく、「委員長、大変だったね」と労いのお声かけもいただきましたぴかぴか(新しい)

議会は閉会されたものの、所属する環境生活常任委員会では、行政視察や我孫子駅前インフォメーションセンター建設の協議等、しっかりと詰めていかなければなりません。7月には臨時議会も開催される予定ですので、議会の準備として調整等、これからも精力的な活動を続けるつもりです。


以下は昨日の本会議にて行った委員長報告の原文です。動画はこちら(6月24日(水)委員長報告・討論 05:25から)


【委員長報告】

環境生活常任委員会に付託されました議案の審査結果について、ご報告申し上げます。

◆議案第3号、我孫子市農用地等の保全活用に関する条例の制定について

◆議案第7号、平成21年度我孫子市一般会計補正予算第1号のうち、当委員会に分割付託されました部分について

以上議案2件について、慎重審査いたしました結果、

議案第7号につきましては、全員異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
(⇒可決 賛成27名、反対0名)

議案第3号につきましては、審査の過程のなかで、

・農用地を保全・活用させるための条例であるから、速やかに制定するべき

・パブリックコメントなどによる市民の意向、委員会勉強会の意見が反映されていない

・7月1日施行にもかかわらず、十分な規則が制定されていない

・国会で成立した改正農地法を踏まえた保全方針の見直しがされていない

・農用地区域からの除外及びこの条例案に対して、全地権者の意向調査が行われていない

など、様々な意見、提言がなされ、さらに閉会中に審査する必要があることから、多数をもって、閉会中の継続審査とすべきものと決定いたしました。
(⇒継続否決 ⇒原案 多数可決 賛成17名、反対10名)

なお、所管事項に関する質問のなかで、(仮称)我孫子駅前インフォメーションセンターに関して、運営主体のあり方、運営メンバーの選考方法など具体化するよう、意見が出され、引き続き検討することとなりました。

以上をもちまして、環境生活常任委員会の報告を終わります。


posted by 我孫子市議会議員 ちの理 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。