2011年06月04日

仙台市

4月に行った災害ボランティア活動とは異なる形ですが、震災後約3ヶ月経った被災地に再び赴きました。

取り急ぎ、画像を中心とした報告とさせていただきます。被災地において学んできたこと、放射線量の測定やその対応等、我孫子市への緊急提言を、来週以降、記していきます。


衆議院議員 秋葉賢也 事務所のご案内で、仙台市内を廻りました。

荒浜 防風林


仙台市内の田圃
もう、田植えは終わっている時期…

荒浜付近


5名の方が救助された海岸公園 

昭和40年代のごみを埋め立て建設された海浜公園。地上14mの高台に避難された方々は当日中にヘリで救助されたとのこと。

荒浜海岸公園冒険広場
荒浜の海浜公園

仙台市内、今なお


3ヶ月経った今なお、仙台市においても手つかずで【前へ】進んでいない状態の地区が多くあり、政府、自治体等の主導力を疑わずにいられません。
衆議院議員 秋葉賢也 代議士秘書の若生様から、被災地の今後の都市計画、ごみ処理、被災者の支援の在り方等々、貴重なお話を多くいただきました。ありがとうございました。


今後、石巻市、福島県での活動についてアップしていきます。



posted by 我孫子市議会議員 ちの理 at 18:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戻りましたらまた現地のお話聞かせてください
Posted by 須藤紀章 at 2011年06月05日 12:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。