2011年06月23日

委員会審議

明けて、一昨日は都市建設常任委員会、昨日は基本構想審査特別委員会の審議が行われました。

一昨日の都市建設常任委員会では、この度の震災で大きな被害を受けた布佐地区の復旧についての議案について、審査が行われました。(約6億円もの下水道事業の復旧費に関わる案件です。)

所管事項の質疑では、委員さんから通告された項目について慎重審議を行いました。当然ながら、公園等、子どもたちが活動する場において除染を求める質問もありました。

通常であれば認められない質問通告者以外の委員の意見も委員長判断で伺ったうえで、ちの理からも、高い数値を示した地点の周辺の公園についても、直ちに除草し測定をすることと、砂場の砂の入れ替えを求めました。
また、下水道課から汚泥についても報告をしていただき、情報提供をしっかり行うよう申し入れしました。


昨日の基本構想審査特別委員会は、長時間におよんだものの審議未了となりました。
本日で閉会される6月議会後、2日間の日程が組まれました。一部改正とはいえ、まちづくりの最高指針と位置付けられる20年スパンの基本構想ですから、当然すんなりとはいきません。
方針と理念、影響、そして、一語一句、これまでの調査に基づき、市長執行部に訂正も求めました。

まちの憲法改正に、特別委員として審査に加わる重責とありがたみを感じながら、今後も慎重に議論していきたいと考えます。


※放射線量に関する、ご意見やご要望をメール等でいただきながら、ご返信できず申し訳ございません。即対応しなければならない案件とはいえ、現在集中し個別に対応できていません。これまで以上に、子どもたちのことを優先しなければとの、もどかしい気持ちですが、いただいたメール等は拝見していますので、どうぞご了承ください。
(市長執行部とも放射線低減策について、なんとか効率的に実行するよう強く要望し、調整をしています…。)



posted by 我孫子市議会議員 ちの理 at 03:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。