2006年08月21日

三連覇、成らず

駒苫vs早実は、まさに熱闘exclamation(試合状況が気になってしまい、仕事が手につかず、後半から観戦しましたTV

昨日の延長再試合により連投となってしまった両投手をはじめ、両チームの選手たちとも、素晴らしいプレーを随所に見せてくれました。頂点をかけた高校球児の熱闘ぶりに、本当に感動しましたもうやだ〜(悲しい顔)
ありがとーっ!

しかし、地方大会から今日までの過酷な日程は、見直すべきではないでしょうか。選手たちは普段の練習で鍛えられているとは思いますが、体調管理や今後の野球人生の可能性を配慮し、試合日程や試合時間の工夫が必要だと感じています。
球児の一球一打にかける思いを、大人の事情等で潰すべきではない、とちの理は考えます。


タグ:甲子園 野球
posted by 我孫子市議会議員 ちの理 at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。