2011年11月01日

行動する、実行する、前へ進む

昭和49年(1974年)ちの理は、我孫子市に生まれ、以降このふるさと我孫子市で育ってきました。
あびこ生まれ
(我孫子市で生まれ、我孫子市で育ちました)
あびこ育ち
平成15年に我孫子市議に初当選させていただき、ふるさと我孫子市のために尽力してまいりました。

一緒に育ってきた友人たちも、緑豊かな我孫子市に居を構える者も多く、数世代に渡っての子育てが続いています。
また都心への通勤も可能なため、新たに我孫子市に移り住まわれた子育て世帯も多くあります。

故郷としての存在感を持ちながらも、新しい風を受入れ、更によくなっていこうと発展力をつけている それが私たちの住む「我孫子市」です

ちの理は、生まれ、育ったこの我孫子市で、今まさに「育て」をされている保護者の方々、「育ち」をしている子どもたち、そしてそれを温かく見守り、支援してくださる地域の方々、ご高齢の皆様の、よりよい市民生活を守り、更に「前へ」進んでいくために、様々な活動をしてまいりました。

よく「議員は、議会であれこれ職員に質問するばかりでしょ。」と言われます。
いいえ、ちの理は違います。

平成16年の新潟県中越地震発生後すぐに現地ボランティアとして活動し、その経験から提言してきたことが、今回の東日本大震災時に「我孫子市の力」になりました。また今回の震災発生後も、被災地へいち早く駆けつけ支援しました。
身を持って動いたことで、『我孫子市民を守る体制づくり』に大きく役立ちました。


今後、特にみなさまからご質問やご声援を頂いた活動について、ブログでご紹介していきます。
posted by 我孫子市議会議員 ちの理 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。