2011年11月03日

自治体のなすべき機能 被災地から

石巻.jpg
石巻市a
中越地震後に引き続き、先の東日本大震災発生後も被災地でのボランティア活動を行いました。

同時に、このような場面で自治体がどのように機能すべきか、現地の実態も知ることができ、その都度、我孫子市へフィードバックしてきました。
ちの理は「市職員の被災地への派遣を実施」を強く提言しています。牛久市など近隣の自治体では既に実行されているこれらのことが我孫子市では実現されていません。

現場に出向かなければわからないことですが、危機発生後、自治体の果たすべき機能は刻々と変化していきます。平静時に机上で想定できることばかりではありません。
災害対策本部.jpg
(宮城県災害対策本部)

今回の震災時には、我孫子市の物資支援には市民の皆さまからも多大なご協力をいただけました。
中越地震後の現地ボランティア活動で、災害急性時においては外傷治療が大量に発生すること、これら医療物資が緊急に必要とされていることを目の当たりにしていましたので救援物資選択の際に、ちの理の経験を盛り込んでいただいております。
亘理町災害V.C.jpg


災害時には、軽微な怪我、小さな病気を、それ以上に悪化させない手立てが重要です。膨大な数にわたるであろうこれらの負傷に素早く対応することで、重篤な負傷を含めた「緊急医療」全体を効率良く、効果的に運営できるようになるからです。

これは私たち我孫子市でも、同様の備えが必要であることの教訓でもあり、単に医療物資の備蓄だけではなく緊急医療体制の整備の一環の中で具体的に策を講じるべきであります。

避難施設での緊急医療体制と医療機関の連携等、我孫子市でなすべきことはまだまだあります。


次の記事では、我孫子市でもHPが使いものにならない等、多くのご批判を頂きました「災害時の情報伝達」についてちの理の実践と、提言をご紹介します。

「災害救援ボランティア登録制度」につきまして、市民の皆さまから、ご期待の声をいただいております。様々な年代が有機的に関わるコミュニティがある我孫子市ならではのご意見も頂戴しております。引き続き、皆さまの声をお待ちしております。

posted by 我孫子市議会議員 ちの理 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。