2007年02月07日

保健センターだより2月号

保健センターでは、健康に関する情報や健(検)診案内・イベント情報など、毎月テーマを変えて『保健センターだより』を発行しています。
我孫子市メール配信サービスの登録をお願いします(☆゜我孫子市☆゜携帯H.P.)。

『メタボリックシンドロームについて』
内臓脂肪型肥満に加えて、糖尿病、高脂血症、高血圧などの危険因子を併せ持った状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。健診の個々の数値は「異常なし」でも、「やや高め」の数値が重なることで動脈硬化が急速に進み、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険があります。
1に当てはまり、かつ、2〜4のうち2つ以上該当する人は、メタボリックシンドロームと診断されます。
1.腹囲(おへその周り)男性:85cm以上、女性:90cm以上
2.空腹時血糖110mg/dl以上
3.中性脂肪150mg/dl以上またはHDLコレステロール40mg/dl未満
4.最高血圧130mmHg以上または最低血圧85mmHg以上
ポイントは、「1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後にクスリ」。毎年健診を受けて数値の変化を把握しながら、生活習慣を見直しましょう。

我孫子市保健センター 04−7185−1126


posted by 我孫子市議会議員 ちの理 at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | メール配信サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。