2007年07月17日

新潟県中越沖地震

新潟県でM6.8の地震がありました。我孫子市においてもかなりの横揺れが感じられました。

政府は安倍首相が参議院選遊説を切り上げ、直ちに現地入りしました。対策本部を設置し被害状況の調査を行い、ライフラインが断たれている柏崎市を中心に自衛隊等による復旧対策を進めています。

余震のみならず、先日の台風に続いての強い雨等、今後も被害が懸念されます。被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。


我孫子市役所のホームページに、『地震に対する日頃の備え・地震のときの10ヶ条』が掲載されています。

日頃の備えやいざというときの心構えが重要な役割を果たしますexclamation災害時における三日分くらいの水や食料の準備、一人ひとりがどのように行動したらよいかを、日頃から家族で話し合っておくことが大切です。
また、ちの理は3年前の中越地震の際に現地入りした経験から、バンソウコウ等、身近にあるべき救急セットが不足することを指摘させていただきます。普段から多めに予備を購入しておくべきかと思います。

※参照 『地震に対する日頃の備え・地震のときの10ヶ条』


posted by 我孫子市議会議員 ちの理 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。