2005年10月13日

決算審査特別委員会2

一昨日は、決算審査特別委員会に出席しました。
今回は、平成16年度における我孫子市一般会計歳出のうちの農林水産費・商工費・土木費・消防費・教育費・公債費・予備費について審査を行いました。

昨年度の決算審議ではありますが…、ちの理は、教育現場の更なる改善を求める意味をこめて、いくつかの質問をさせていただきました。厳しい財政状況ではありますが、次代を担う子どもたちのためにも教育費の予算充実を推進しなければならないと考えます。


農林水産費の審議中に、同じ会派の委員が水産業振興費について取り上げていました。これは、手賀沼にうなぎの稚魚を40kgも放流するなど、国県支出金を含め毎年95万円の予算が執行されている事業ですひらめき(一部の職員の方は、手賀沼産のうなぎを食していますレストラン
手賀沼は昭和40年代前半まで美味しいうなぎの主産地で、東京(江戸)では8割位が「手賀沼産の鰻」として売られていた時代もあったそうです。
我孫子市都部新田には、現在もうなぎにまつわる小さな塚があるのを皆様ご存知でしょうか?


posted by 我孫子市議会議員 ちの理 at 23:53 | Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。