2005年10月20日

中越大震災1周年

昨夜の地震は大きく、かつ、長い時間揺れたので、とても驚きましたあせあせ(飛び散る汗)

新潟県中越地震発生から1年を迎える10/23に、震源地であり震度7を記録した川口町において『川口町復興祈念式典』が開催されます。
中越大震災で犠牲となられた方々に対して、追悼の意を捧げるとともに、全国から頂いたご支援に感謝し、復興に向けて力強く歩む決意を示すものだそうです。
また、ちの理がボランティアとして伺った震源地の川口町木沢地区では、『本震源探索ツアー』が催されるそうです。これは、「震災の記憶を風化させない」という趣旨で行なわれ、トレッキングコースとして整備し、川口町の観光資源にしていきたいとのことです。

川口町では、震災復興対策本部を設置し、復旧・復興に向け全力で取り組んではいるものの、復旧工事が長引いている箇所もあるようです。
被災された方々の健康と、川口町をはじめ各被災地の復旧を心よりお祈り申し上げます。


また、「表層地盤のゆれやすさ全国マップ」千葉県 pdf)が内閣府の中央防災会議より公表されました。

防災対策上、地域の状態を把握しておくことは重要です。我孫子市においては(というよりも関東平野は)、ゆれやすい地盤であることがこのマップからもわかります。家具の固定、住宅の耐震診断や耐震補強などの対策を行うなど、日頃の地震への備えの参考としていただきたいと思います。
行政には、今後も住民への防災意識の普及・啓発等の更なる推進を望んでいます。

午前中の会議を終え、市役所内の会派控室より投稿ペン


posted by 我孫子市議会議員 ちの理 at 12:25 | Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。